*All archives* |  *Admin*

2011/05
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  >>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
みさと笛製作奮闘記
いま現在、製作を依頼されている、みさと笛のB♭管を10本作っている。

管の頭に栓をして、唄口を仕上げ指穴をだいたいに開けてある。
これから調律をして仕上げて行く。
縺ソ縺輔→縺オ縺・convert_20110529133731

みさと笛には裏穴がふたつ開いている、左手の親指の位置に開いている裏穴と
管尻と第一指穴の間の裏穴。(私の作るみさと笛)の場合

左手親指の裏穴と表穴、全部あけた場合は(開きの1)
甲の1ですね、解放的な明るい音色になります。

左手親指の裏穴を閉じ、表の右手小指以外全部閉じた場合は(閉じの1)
この場合も甲の1、暗めのこもった音色になります。

裏穴がある事によって呂の1から甲の1までスムースに出せる利点がありますが、
笛の持ち方によっては押さえづらい場合があります。
例えば、左手が筆を持つような形になる場合、福原式と呼ばれる持ち方を
している方には持ちやすいと思われます。

この二つの甲の1の音程は同じでなければいけません、しかしこれに関しては
さほど難しくはないのですが、、、
問題はもう一つの裏穴、管尻と第一(右手小指)指穴の間の裏穴。

普通のドレミ調の篠笛(以下篠笛楽遂製)の場合は筒音は「ラ」になるように
調律してあるのですが、問題の裏穴は第一指穴に近いために、「一、二、1,2」
などの低音域は非常に出しやすい、筒音(シ)に関しても非常に出しやすい。

出し易いのなら問題はないだろう、と。
でも欠点もある。
管尻に近い裏穴があるために高音域でオクターブが詰まり易い。
イコール調律が難しくなる、結局平均律で合わせるか、甲の音程で合わせるか。
自然素材で作るのであるから、一本一本みな違う。

みさと笛、篠笛一長一短あるが、自分で気に入った笛を愛し
育てて行ければ良いと思う。
スポンサーサイト
プロフィール

篠笛楽遂

Author:篠笛楽遂
本名布施一好
群馬の「端っこ」で
篠笛楽遂の名で笛作り。
篠笛大好き、こんな時代だから
和の心を大切にしよう。

篠笛の製作、販売、修理、
通販もしています
お気軽にご相談下さい♪

携帯番号 090-3337-0714
fax番号  0274-74-5148

ご用の方はコメントまたは非公開
コメントでもお問い合わせ下さい。

☆篠笛通販サイト
【篠笛楽遂工房】からもお問い合せ
ください、リンクからお入りいた
だけます。

カテゴリ
リンク
最新コメント
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。