*All archives* |  *Admin*

2017/08
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  >>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今年一年お世話になりました。
お陰様で今年一年、篠笛作りで忙しい日々をおくらせて頂きました。

お名前は出せませんが、お世話になりました先生方に生徒の皆様
新しくお付き合いさせていただきました販売店様やお客様
一年間たいへんお世話になりありがとうございました。

来年も篠笛作りを頑張りますのでよろしくお願いいたします。

              篠笛楽遂 布施一好

スポンサーサイト
ご無沙汰です!
スポンサーサイトになってしまって久しく、、、

何年ものあいだ、スポンサーサイトにはならないようにと
記事の更新をしてきましたが♪
一度お休みしてしまうと、けっこう楽で、、、(笑)

体調が悪かったわけでもなく、ちょっと忙しかったので
そのままにしておりましたが、
このままでは年を越してしまうので、この辺で気持ちを入れ替えて
パソコンに向かっています。

何人もの方よりご心配をいただきました事
ありがとうございました。

DSCF2125.jpg
先週お客様に送り出した篠笛です。

これからはまた定期的にブログを更新いたしますので
またよろしくお願いいたします。

杭打ち問題の深刻、、、
横浜のマンションの傾斜問題、、、

杭打ち偽装、大変な問題だ!

横浜のマンションが傾かなければ、今日も杭打ち偽装が
全国津津うらうらで行われていたのだろうね。

初めはひとりの技術者、数本の杭の問題だったが、
数十件に増えて、旭化成建材だけの問題ではなくなって、、、

結局のところ、大部分の杭打ち業者、杭打ち技術者、建設会社、現場管理者が
経験をしているところだろう。
起こるべくして起こっている、日本の建設現場の実状ですね。

データの取り忘れでデータを改ざんしたと言うが、、、
用紙が切れた!用紙が濡れた!スイッチを入れ忘れた!

ハッキリとごまかすつもりでデータを改ざんしましたと言ったらどうかな。

設計段階で指示地盤までが何メートルと計算して×何本、あとは経費等で杭打ちの予算が決まる
下請け業者に発注するときには予算は何パーセントかは削られる
何パーセントなんて甘いな!何十パーセントもありえる!
下請け業者から杭打ち業者に発注するときにもまた予算は削られる。

と言う事はただでさえ予算が厳しいのに指示地盤に達しませんから杭の追加なんて
お話になりません!誰にも言えません!

現場監督、杭打ち技術者が何とかしてしまうのです、
今まで建物が傾いたなんて話は聞かないし、日本の設計基準は桁が違うほど厳しい
何本か杭が指示地盤に届かなくても絶対に倒れないし、傾くなんて考えた事も無いだろう。

事実30年ほど前まで現場監督をしていた私は上司の杭打ち現場に
応援に行ってそのような現場を見てしまっています、
その建物は鉄骨の2階建てで床面積も大きかったので倒れることも
傾く事もないとは思いましたが、思い切って聞いてみましたら
設計書で杭が1本だったら1本、2本だったら2本
指示地盤に達していなくてもそれ以上は打たないで、データは改ざんすると言っていましたね。
現場には予定本数の杭しか入っていませんでした!

指示地盤に達していないからと予算の追加は出ない、余分な杭は無い
次の現場が決まっているので早く終わらせて移動しなくてはと。

杭に限らず、見えなくなる基礎部分などの手抜き工事は昔から
大きな問題でしたね。
国峰城に行って来ました♪
昨日の土曜日、午前中は高崎教室!
午後は大間々町のギャラリー男蔵で篠笛演奏!
教室の生徒さんが遠く大間々まで聴きに来てくれました♪

そして普段、遊んでいるので、、、本日の日曜日!午前中はお仕事
午後は甘楽町国峰(くにみね)にある国峰城の城跡まで登山!?♪
けっこう有名な山城で、小幡氏が治めていました。

高崎教室に来ていらっしゃる生徒さんと行ってきました
昔、お仕事で鳥居を直しに登ったきつ~い記憶が、、、思い出されます(笑)

国峰の城(じょう)と言う地域で車を道端に止めさせていただいて
約30分ほど登りっぱなし!!!

酸欠気味!蜘蛛の巣を払いながら
やっとの事で頂上へ♪

20151018215752064.jpg

頂上のちょっと手前に17~18年前に修理をした鳥居が!
良かった!
全然古くなっていない、まだ何十年も保ちそうだ♪
けっこう嬉しい。
きつ~い思い出とは、鳥居の柱や材料を
何往復も担いで登ったこと!

特に柱が切り出して直ぐの丸太だったので水分を含んでいて
重かったのなんのって(笑)2日ばかりまともに歩けなかった!

20151018215816b03.jpg

頂上の登りきった所に3つのお社
頂上は20坪くらいかな、住宅が1軒建つのがやっとくらいの広さ
でも平らになっている。
下の画像の説明板には本丸跡と書いてあった。

30分かけて登って来る途中には御殿平という
平らな場所があり、
ああここに館があって小幡氏1族が住んでたのだろうと、、、

20151018215805f93.jpg

説明文と山城の地図!
等高線が凄い!
かなりの急角度、真っ直ぐには登れそうにない。
攻める方も守る方も大変だっただろう。
詳しくはネットで「国峰城」「小幡氏」を検索してみて下さい。

せっかくなので「青葉の笛」「荒城の月」を演奏させていただきました。

最後にちょっと残念だった事、山道や木道がけっこう傷んでいて
お年を召した方や足腰の悪い方には危険かなと!
織田氏と同様に小幡氏にもいま少しお日様があたっても良いのになぁ。
お蚕を飼ってます♪
今年2回目のお蚕を飼ってます♪

気持ち悪いと云う方もいますが、、、
あなたのお使いのシルク製品もお蚕さんが作ってくれてます(笑)

20150717084932789.jpg

餌をいっぱい食べて、けっこうプリッとして
触った感触も良いですよ!

餌が入っていれば箱に蓋をしなくても逃げ出さないし
黙々と餌を食べています、
あと3日くらいで繭になる準備が始まります♪
プロフィール

篠笛楽遂

Author:篠笛楽遂
本名布施一好
群馬の「端っこ」で
篠笛楽遂の名で笛作り。
篠笛大好き、こんな時代だから
和の心を大切にしよう。

篠笛の製作、販売、修理、
通販もしています
お気軽にご相談下さい♪

携帯番号 090-3337-0714
fax番号  0274-74-5148

ご用の方はコメントまたは非公開
コメントでもお問い合わせ下さい。

☆篠笛通販サイト
【篠笛楽遂工房】からもお問い合せ
ください、リンクからお入りいた
だけます。

カテゴリ
リンク
最新コメント
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。